くいしんぼめも

新潟郷土料理・蒲原地方平野部の食文化を綴ってく…つもりが食欲旺盛日記。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

青梅ピクルス

  1. 2012.
  2. 07.
  3. 02
  4. (Mon)
  5. 23:42

実家から届いた大量の青梅ですが、いろいろと漬けこんで加工しても、使いきれず…。しかも、青梅ってそのまんま食えないし(汗
ネットで調べたら、ピクルスにして食べる方法があるんだとか。とりあえず挑戦してメモ。

①青梅500gはよく洗って、拭いて水気をとる。枝の付け根のところをつまようじできれいに取り去る。それから、塩でもんで1時間くらい放置する。その後、水分をふき取る。
②漬け汁を作る。お酢400ccと砂糖100gを沸騰寸前まで火にかける。
③瓶に水分を拭き取った青梅と漬け汁、鷹の爪1本とにんにく1片を入れる。
④10日ほどで食べれるようになる。1か月くらいで食べきる。

DSC_0497_convert_20120702231913.jpg
わが家の保存瓶はフル稼働しているため、ジップロックで代用。

DSC_0548_convert_20120702231217.jpg
10日後。少々渋いっていうか、独特の苦味があるというか…大人の味というか。でした。
アク抜きとか必要なのか?…もーちょい研究しんばなんねかな?
スポンサーサイト

青梅づくし(梅酒、梅サワーなどなど)

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 25
  4. (Mon)
  5. 01:16
ばあちゃんちの梅が届いたので、今年はいろいろ挑戦!!
ぜんぶ梅酒にするような、お酒の大量生産は自粛する方向で…(最近深酒警報なので)
とりあえず書きおき。
DSC_0496_convert_20120625011505.jpg
左から
①梅サワー(梅酢)
②ふつうの梅酒
③梅日本酒
④梅シロップ
⑤梅はちみつ漬け

※下準備→梅はよく洗って、よく拭いて水気をきる。枝が付いていた付け根の部分をつまようじなど使ってきれいに取り去る。

①梅サワー(梅酢)
◆ふつうの梅酒をつくる要領で、ホワイトリカーをお酢(穀物酢、黒酢、リンゴ酢などお好みで)にかえて。2か月くらいで飲めるようになる。

②ふつうの梅酒
◆きほんは、ホワイトリカー1800cc:梅1kg:氷砂糖1kg、好みで加減する。6か月後解禁になる。

③梅日本酒
◆日本酒の香りを残すためにも、梅と氷砂糖は少なめに。とりあえず、酒1000cc:梅250g:氷砂糖250gで初挑戦。どんななるかな…。

④梅シロップ
◆梅と砂糖を同量(どんな砂糖でもいいらしい。ただし、氷砂糖だと溶けにくく、梅が発酵してしまう可能性が高く難しい。)。梅に砂糖がかぶさるように仕込む。
梅エキスが早くでるように、梅はフォークで何箇所か穴をあけた。初心者なんで、過発酵してしまうことに神経質ということもあり…、梅の表面をホワイトリカーで拭いています。
10日ほどして梅エキスが出て砂糖となじんだら、液体をとりだし、ホーローもしくは土鍋で火を通しつつ、あくをすくいとる。それをろ過したら完成。うああああああ!めんどくさ!
DSC_0545_convert_20120702230950.jpg
およそ1週間。砂糖が溶けて、梅もエキスが出てシワシワになってきた!もうすこしかな?

⑤梅はちみつ漬け
◆梅(フォークで何箇所か穴をあけ、ホワイトリカーで表面をふいたもの。)を瓶に詰めるだけ詰める。はちみつを瓶の9分目まで注ぎこむ。
DSC_0547_convert_20120702231103.jpg
およそ1週間。梅のエキスが出て、シワシワで小さくなっています。はじめのぎゅうぎゅう詰めが嘘みたい!

梅ジャム

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 23
  4. (Sat)
  5. 23:02
今年も梅の季節がきました。
明日、新潟から梅が届くので、梅でいろいろやってみようと思います。

が、そのまえに去年の梅酒で使った梅が大量に…
ぼりぼり食べることにも疲れ、少々困惑…
というか、梅酒の梅って、ひきあげたあとどうしたらいいもんかけっこう悩みの種だよなぁ…
とりあえず梅ジャムにしてみました。

①梅酒の梅をひたひたの水量でゆでて柔らかくする。

②柔らかくなった梅の果肉だけとりわける。

③(鉄やアルミなどの鍋では、変色するのでホーローまたは土鍋をつかう)レモン汁少々とグラニュー糖と煮つめる。
DSC_0491_convert_20120623224448.jpg

④煮詰まったらできあがり。
DSC_0493_convert_20120623224631.jpg

とりあえず、梅酒の梅のかさが減りました(^^;)
甘酸っぱい風味は、料理のかくし味にも使えそうです。
これで明日、大量の梅を迎ようっとー…

はぐらうり

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 20
  4. (Wed)
  5. 00:19
近所のスーパでみつけた野菜。
袋の外から触ったらチクチクします。
このへんでは瓜類のお肌がトゲトゲしてるほど新鮮な野菜にお目にかかれません。
100円という値段にも惹かれて衝動買い。

はぐらうりというネーミングは、歯がグラグラしてても食べられるほど柔らかいからだとか。
ド直球なネーミング…
千葉県と茨城県の一部で作られているだとか。
基本、漬けもの(生食)らしい。
DSC_0477_convert_20120610210532.jpg

弁当のおかずに困ってたんで、邪道かな?煮物に
DSC_0478_convert_20120610210621.jpg

みそ漬け。
ビニール袋にみそとほんだし、はぐらうり投入。一晩で浅漬けみそ風味に。
DSC_0479_convert_20120610210704.jpg

とりあえず、はぐらうり定食
DSC_0484_convert_20120620001640.jpg

味も香りもきゅうりがデカくなった感じでした。
瓜ってそういうもんなのかな…。

たけのことサバ缶詰のみそ汁

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 10
  4. (Sun)
  5. 21:35

本来なら、孟宗竹といって細くて小っさいタケノコを使います。孟宗竹は山で採れるタケノコ、山菜がとれるような山間の地域でおなじみ。

孟宗竹の代わりに、小さく切ったタケノコ(冷凍)を使いました。
要はみそ汁の具がタケノコとサバ缶だというだけ。


DSC_0480_convert_20120610210751.jpg
たけのことサバ缶(汁ごとまるごと)を

DSC_0482_convert_20120610211050.jpg
みそ汁の具にすると、見た目は魚の皮や脂が浮いてるし、あんまりおいしくなさそうなんだけど、

DSC_0481_convert_20120610211010.jpg
これが案外おいしいんです。からだもあたたまります。
不思議なんだけど、たけのこの灰汁っぽさがまったく無くなります。

side menu(1)

プロフィール

まめ米

Author:まめ米
食べることだいすきで、その延長で作ることもすき!
新潟の郷土料理を勉強中。備忘録のつもりでときどき更新しようと思います。
食べることと同じくらい、…それ以上に、インコを愛しています(^^)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2プロフ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Powered By FC2 blog

FC2Ad


まとめ

[ Template & Material ]
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。