くいしんぼめも

新潟郷土料理・蒲原地方平野部の食文化を綴ってく…つもりが食欲旺盛日記。

スポンサーサイト

  1. --.
  2. --.
  3. --
  4. (--)
  5. --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

たけのことサバ缶詰のみそ汁

  1. 2012.
  2. 06.
  3. 10
  4. (Sun)
  5. 21:35

本来なら、孟宗竹といって細くて小っさいタケノコを使います。孟宗竹は山で採れるタケノコ、山菜がとれるような山間の地域でおなじみ。

孟宗竹の代わりに、小さく切ったタケノコ(冷凍)を使いました。
要はみそ汁の具がタケノコとサバ缶だというだけ。


DSC_0480_convert_20120610210751.jpg
たけのことサバ缶(汁ごとまるごと)を

DSC_0482_convert_20120610211050.jpg
みそ汁の具にすると、見た目は魚の皮や脂が浮いてるし、あんまりおいしくなさそうなんだけど、

DSC_0481_convert_20120610211010.jpg
これが案外おいしいんです。からだもあたたまります。
不思議なんだけど、たけのこの灰汁っぽさがまったく無くなります。

スポンサーサイト

いごねり… とパスタ

  1. 2012.
  2. 05.
  3. 23
  4. (Wed)
  5. 00:26

いごねり。
えご(いご)という海藻を煮つめて固めた寒天状の郷土食。繊維質たっぷりの、新潟ではお刺し身的に?からししょう油で食べています。

DSC_0452_convert_20120522235611.jpg

海藻くさい寒天って感じかな。
両親があまりいごねりの、そういう独特の香りを好まないせいか、ほとんど食べたことなかった。けど、この前食べたらなんだかあとひく感じで少々はまりました。

ちょっと手を加えてみようと、新しい食べ方をしようとか思って、パスタにしてみた。いごねりがいい感じに具になってました。
…が、なんだか、こってりが食べたくてマヨネーズを投入。
炒めたいごねりパスタとマヨが出会った瞬間…
マヨの粘り気に翻弄されて、いごねりがみるみるに溶けてゆきました(汗

DSC_0453_convert_20120522235524.jpg

よくいえば、うまくからまったともとれるかしら?
新潟ソバのへきそば(“ふのり”という海藻をつなぎに使ったソバ)に似た感じというか、いごねりと麺の風味が同化してる。
そういう感じでまずくないんだけど、もの足りなかったなぁ。

灼熱のフライパンで、いごねりとマヨネーズの出会いは一瞬のうちに互いを溶ろけさせたねぇ。
…それなりにおいしかったからいいんだけど。

とう菜のおひたし

  1. 2012.
  2. 04.
  3. 17
  4. (Tue)
  5. 00:24

ついに、とう菜の時期がきました!!

とう菜は地域の伝統野菜のひとつと言っていいのかな?

雪国の人にとっては春を告げる野菜。



その地域によっていろいろとあるらしい。
じーちゃんが毎年作っているとう菜は何ていうんだっけなぁー..
忘れちゃった。
毎年畑で作っているのは、春のこの瞬間を待ちわびてなのかな?
おねだりしたら、今年もダンボールにいっぱい、こんもりと届きました。
ゆがくのも一苦労ですが、このとき春のにおいが台所に広がるのもたまんなかったりします。

おひたし
DSC_0331_convert_20120416234542.jpg
いちばんオーソドックスな食べ方で、いちばんおいしい食べ方と思われます。
これは上品な盛り付け。
実家では大皿に山盛りになって出てきます。
父親がコレ見たら、「こんげの食った気がしない」って言うんだろうな…



ダンボールの中身もう半分は川流れ。
これもとう菜の一種。
DSC_0326_convert_20120416234520.jpg
そのネーミングの由来をばーちゃんに聞いたら、
…その昔、川から流れてきた菜っぱ、それを栽培したものだとか。
真実は知らないけれど、冗談みたいなはなし。
苦味が少ないため、ファンも多いといいます。

葉の部分はおひたしに。

土に近い部分は硬さとスジっぽさが気になったので、魚肉ソーセージと炒めものにしました。
DSC_0334_convert_20120416234653.jpg

短期間の保存については、ビニール袋に濃いめの塩水を入れて浸して冷蔵庫へ。
ほどよい塩加減の味がつきます。
わたしは思いつきで、今年は塩こうじを溶かした水に浸しています。

長めの期間の保存は、一口大に切ってこぶし大の量をラップに包んで冷凍保存。
ラップを外して、みそ汁に放り込むと菜っぱのみそ汁に。



幼いころからいつもこの時期毎日が大量の菜っぱです。
今年も…そして今日から、緑色に埋め尽くされた食卓とお弁当が続きます。

新発田麩

  1. 2012.
  2. 03.
  3. 31
  4. (Sat)
  5. 22:29
このまえ新潟帰ったときに見つけてきたお麩が、戸棚に入っていることを思い出しました。

新発田麩
DSC_0249_convert_20120331220808.jpg

まんじゅう型のお麩…
県内ではまんじゅう型のお麩といえば、岩船麩のほうが知られているかな。

それにしても馴染みのない形です。
使い方ぜんぜんわからないままお買い上げしてきたんだけど…。

こういっては何だけど、わが家に食べるものあんまりなかったんで使ってみました。
ネットで調べても“新発田麩料理”はなかったので、とりあえずおそばといっしょに。

DSC_0253_convert_20120331220844.jpg

見た目きつねそば。
味もきつねそばに近いかな?
汁をたっぷり吸いつつ、お麩のもっちりした独特の歯ごたえはおいしい組み合わせでした。

まんじゅう麩のおいしい食べかた、いろいろ試してみる価値ありそうです。

亀田六齊市

  1. 2012.
  2. 03.
  3. 29
  4. (Thu)
  5. 23:34
新潟の実家近くでは、3と9がつく日に市がたちます。

2月に実家に帰ったとき、朝から母と妹が市場へつきあってくれました。
その写真をアップします。


あいにく大雪の翌日だったため、このとおり市場通りに市も人影もなし。
DSC_0064_convert_20120329230444.jpg

さかな屋さん。
DSC_0065_convert_20120329230513.jpg
のぞいてみると…塩鮭など。
DSC_0069_convert_20120329230816.jpg

とう菜もでている。春も近い??
DSC_0062_convert_20120329230319.jpg

DSC_0068_convert_20120329230702.jpg

DSC_0071_convert_20120329230903.jpg

9時を過ぎたら、少しずつ市がたち始めました。
とはいっても、この時期にしては多くでているほうなんだとか。
DSC_0072_convert_20120329230941.jpg

たくあんとイナゴの佃煮をお買い上げ。
以前は食べれなかったイナゴをおいしいと感じてしまった自分にちょっとした嫌悪感(- -;)
たくあんおいしすぎ!市場のばーちゃんが漬けたんだとか。
東京へ連れ帰りたいとこだけど、高速バス車内にたくあん臭を持ち込むわけにいかないから、泣く泣く断念。
DSC_0077_convert_20120329231032.jpg

このあたりはかつて、栗の木川の水運によって物流も人の流れもさかんで、市がたつ日はかなりのにぎわいだったそうです。


side menu(1)

プロフィール

まめ米

Author:まめ米
食べることだいすきで、その延長で作ることもすき!
新潟の郷土料理を勉強中。備忘録のつもりでときどき更新しようと思います。
食べることと同じくらい、…それ以上に、インコを愛しています(^^)

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2プロフ

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

Powered By FC2 blog

FC2Ad


まとめ

[ Template & Material ]
FC2blogの着せ替えブログ
Template: retro-chic_rose

side menu(2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。